ロゴ

深夜バスを快適に過ごすために持参すると活躍するアイテム

飲み物や軽食を持っていく

深夜バスは、休憩所に着くまでバスに乗りっぱなしです。ですから、喉が乾いたりお腹が減ったりしても良いように飲み物と軽食は事前に用意しておきましょう。この時に、臭いが強い飲み物や食べ物は避けておくことが大切です。臭いが強いものだと、気分を悪くする人がいるかも知れないので最低限のマナーは守ってバスに持参しましょう。また、その他持っておくと良いアイテムがあるので、持参しておくとより快適です。

深夜バスの過ごし方

玩具のバスと人形

深夜バスを利用する時にエア枕は定番アイテム

車内を快適に過ごすにはエア枕を使用すると良いでしょう。エア枕は、空気を吹き込んで膨らませるので場所を取ることがなく持ち運びも楽です。また、深夜バスは長時間座ることになります。そうすると、首に大きな負担がかかってしまいます。この負担をエア枕を使うことで軽減できます。負担がなくなることで、快適に車内で過ごせるようになるでしょう。

周りの音を気にしなくて良い耳栓

新宿から深夜バスを利用する時は、たくさんの人が狭い車内で一晩過ごすことになります。その為、どれだけ静かにしていても音が気になって十分な睡眠ができない可能性がでてくるでしょう。こんな時でも、耳栓があれば周りの音を気にせず寝ることができます。また、耳栓は安価で手に入れられるので使用してみてはいかがでしょうか。

光をシャットアウトするアイマスク

深夜バスは基本的にカーテンを閉め切って走行します。しかし、カーテンの隙間や運転席のフロントガラスから多少の光が入ってきます。この光が気になって眠れない人であればアイマスクを付けることがおすすです。さらに、深夜バスは最後のバス乗り場を通過するまで車内の照明はついているので、一刻も早く寝たいのであればアイマスクが活躍するでしょう。

広告募集中